ANSNAM Soundscape

ANSNAM cedar Soundscape

この2日間、白金台のアンスナムさんと日本橋浜町のPapierTigre TOKYOさんの店舗で、LOCKWOODやBRAUNなどのシステムがお聴きできるようになります。両店舗ともオリジナルティ溢れる商品を個性豊かな方々が展開されていますのでお近くにお寄りの際はお立ち寄りください。オーディオ以外でも刺激があるお店。

ANSNAM cedar様はデザイナーの中野さん自らがフランスやイタリアへ出かけ、糸や素材の工房探しの旅から、国内でスーツやシャツ、バッグをオーダーやセミオーダーとして造るアトリエ。既製品の商品も展開されています。

東京都港区白金台5-13-14 ANSNAM cedar

メインの2階ではファイル音源を真空管プリのOCTAVEで受け、A級パワーアンプのKRELL KSA80で1970年代のLOCKWOODを鳴らします。3階ではJBL4311Aモニターがコンクリートの上に渋く佇んでいます!

BGMスピーカーを壁に吊るしたり、CDラジカセは味気ない…….とは言っても、現在はどのシステムもただ”置いただけ”なので、サウンドはまだまだ。。多少なりとも良い空間とサウンドが楽しめるよう時間をかけてセットします。店舗用だからと言って置いて終わりじゃツマラナいので育てます!すべて販売中です。

ファッションと音楽がお好きなら一度お出かけください。今後さらに充実していく予定です!
特に洋服の素材は糸のレベルから最高のものを選ばれてるようです。

TANNOY LOCKWOOD&KRELL&OCTAVE

オーディオ機器にも負けないクオリティの一点モノなどのファッションアイテムが多数あります。イタリアコモ湖の世界最古の織物機から生まれた生地や糸。革などがオブジェのようにあります。

 

TANNOY LOCKWOOD


MANNAS。ナポリからの、秋冬のネクタイ。(ANSNAM BLOGから)
今回は、コモ湖のほとり、1871年創業Fermo Fossatiの生地。とても古いシルク生地のファクトリーで、ここ実は、カルロリーバのオーナーでもある。世界最古と言われている織機が2種類、互いが向かい、並んでる。なんだかとても、妙な気分だった。
 
 
ナポリのネクタイの職人さんの事も、もちろんよく知っているようで、春夏の彼の秘蔵のプライベートコレクションも、そのほとんどがここFermo Fossatiのものだった。
そして私は、今回もまた、薄暗い倉庫へ沈む。
 
ナポリとは違い、ここは北イタリアの高地で、非常に涼しい。生地探しも快適だ。整理整頓もキチンとなされ、見易い。近代化すべきところはすべかれて、古きを守るべきところは守られて。イタリアも北に行けば、キチンとしてるらしい。
ま、未だに道路舗装さえもすべかれてない、ユルいナポリも好きだけれど。

シェアする