Mark Levinson No.20.6L フルレストア整備 No.1

Mark Levinson No.20.6L フルレストア整備 No.1

世界初?!マークレビンソン No.20.6Lのフルレストア録 

Mark levinson No.20.6Lなど レビンソンAクラスモノラルパワーアンプ

ネット販売でご購入頂いたマークレビンソンNo.20.6Lは、4台のML-2Lと同等のフルレストア整備のご依頼を頂きました。No.20.6Lの完全なフルレストアを施した事例は聞いた事がありませんので、これが日本で初めて行うペアだと思います。世界でも事例はないかもしれません。実は海外の方からの問い合わせがとても増えています(苦笑)。今回ご依頼頂いた方はML-2Lの計測状況や詰め方がどういう事かご理解頂いた方でした。

さて現在のMark levinson No.20.6Lの状況はどうかと言いますと、密度感あるパワフルなサウンドです。聴感上の左右差や歪などはありません。通常のUSED品……レストア版ML-2Lのゾクッとくる程の色気(精度とバランス)やハーモニーの浮遊感など音楽で重要な部分では、アメリカ製ヴィンテージハイエンド・パワーアンプの範疇なのかもしれません。比較しなければ充分満足頂けると思います。ハイ側の表現精度がビシッと揃えば艶やかさもエネルギー度もロー側と合ってくると感じています。

No.20.6Lは何組かのお客さまも聴かれていますが、特になにか問題がある、とご指摘された方はいらっしゃいません。通常ではこのままの納品で充分かと思います。通常でしたら代理店チェック・整備後でご満足いただけると思います。

Marklevinson No.20.6L 整備前のサウンドの確認前

代理店様はレストア等は行いません。基本的には壊れた部分を修理します。多くの方の機器修理を行うため、1個体で壊れていないトランジスタやパーツを数十個変更すると他の方の機器が壊れた際に部品供給できなくなる可能性があります。ML-2Lをはじめフルレストアをご希望される方は、極々一部のハイエンドファイルの方です。この方達が求めるレベルや世界はちがうのだと思います。同一個体の場合は整備にかけたコスト(特にパーツの選別グレード)や技術力は音に出ます。

このNo.20.6Lを整備する技術者はオーディオ機器はもちろんのこと電子部品やオーディオ製品を計測する計測機器の修理整備等も行う技術者が担当します。

No.20.6Lのフルレストア方針

No.20.6Lはテフロン基板を使用しています。今回はレストア後も長期間の使用をご希望されていますので、パターンの新規引き直しも想定しています。この場合、一般修理の場合は左右間で問題のない箇所はそのままとしますが、左右同等にします(これまで通り)。トランジスタや電解コンデンサー等はフルで交換します(同一生産ロット)。No.20.6LはML-2Lよりも保護回路やボード類の取り回しが複雑そうです。おそらく交換部品点数はML-2Lよりも増加すると思われます。

まずは現状把握するために現状で各種の計測を行い、負荷ダミーシミュレーション装置を造り各部の状況を把握し、各部品を計測します。部品調達と合わせ約1か月程かかるでしょうか。電流制御のキモとなる部品や特に動作安定性や耐久性が必要な電子部品、アース取り回しに関しては、一般電子部品やオーディオグレードではなく、航空軍事規格の部品を使用する場合があります。実作業が2か月~3か月間程。

最低でも新品時のNo.20.6Lの音が蘇るものと思います。さらにNo.20.6Lのハイの精度や緻密さがML2L(レストア版)レベルまで表現できれば、凄いアンプとなるでしょう!最終的な左右個体の調整やダミー負荷装置での搭載時のトランジスタ・各部の電圧・電流値の精度、アライメントが非常に重要となります。このバランス取りで1か月間を想定しています。エージング&調整期間も1か月間。最終的な納品まで1か月間で合計6か月~8か月。部品は世界中から調達する関係上、発注・輸入などで時間がかかる場合があります。

また、純正パーツは音の傾向やなぜそのパーツを使ったのかも製造コストか、音の良さなのかを推察し、同ベクトルでレベルアップできる部品があれば検討したいと思います。基本的にはオリジナル準拠といたします。


追記:2016年11月21日

No.20.6Lのレストアですが、現在は過去の修理で変更された箇所や部品と回路全体の解析を行っています。部品点数はML-2Lと比較すると非常に多いです。今後、簡単な概要となりますが更新していく予定です。

 

 

 

シェアする