Mark Levinson No.20.6Lレストア整備 No.5

Mark Levinson No.20.6Lフルレストア整備 No.5

マークレビンソンNo.20.6Lのオーバーホール記事は随時更新しています。

Mark levinson A級モノラルパワーアンプ。マークレビンソン No.20.6L

2017年1月20日現在 マークレビンソンNo.20.6L(A級モノラルパワーアンプ)のレストア整備も今年オーダー分の部品が入りはじめましたので整備中です。モノラル筐体の左右に12個付いているヒートシンク内基板のパーツがアメリカから来ていますので12個分すべて交換中。

Marklevinson No.20.6L 全分解中

トランス以外はほとんどのパーツを外し各部の整備に入っています。右側がトランス(±別動作)とリレー等が入ったパートで、写真左側がレギュレーター類などのボード、連結ボード部です。

Marklevinson No.20,6Lヒートシンク内部品

マークレビンソンのNo.20.6L フルレストアに関しての資料は国内はもとよりアメリカ、他の国でも例がなく、ML-2Lよりも作業難度がすこぶる高いです^^;;

現在内部ボードの整備と動作時の電圧調整が終わりました。アメリカから上記部品が到着し、ヒートシンク内の基板整備にとりかかっています。

Mark levinson No.20.6Lヒートシンク内基板整備

No.20.6Lの1筐体に6セットあり、合計12セットの基板を整備します。今月いっぱいはこの作業に終始するかもしれません。まだ道のりは長いです………………… 


2017.2月26日

写真ではあまり変わっていませんが、ヒートシンク部12個のオーバーホールがほぼ完成しました。

Mark Levinson No,20.6Lオーバーホール 片CH本体

前回分からかなり増えました。が、さらに増えていきそうです!現在も輸入中のパーツがあります。3月上旬から2台の調整がはじめられる予定。若干遅れ気味です。


2017.5.8

Mark Levinson No,20.6Lの9割方の部品が揃いました。当時の純正部品です。300以上はあるでしょうか?シリコンシートやネジ類、ワイヤーなどを含めると400近くなると思います。

No.20.6Lの交換純正部品が揃いました

下のVB-3ボードはNo.20.6Lの電源回路部でほぼ100%、新品のオリジナル現行生産の電子パーツへ交換しました。

No.20.6の電源回路

これからラストスパートですが、じっくり慎重に充分時間と各部測定をおこない進めていきます。


2017.5.24

Marklevinson No.20.6L 角パート毎の整備が終わったので再度、全体を組み上げ中です。右下がメイン基板。

底面基板のハンダ箇所を再ハンダ。純正ハンダを活かした手法で行います。

すべてのハンダ付けを再ハンダ

2017.5.28

2台のバイアス調整段階です。DMMを同時に最大12台使用。

No.20.6Lバイアス調整

ようやく、2台のバイアス調整段階まできました。全トランジスタ新品(Motorola 同一ロット)にし、コンデンサー類を刷新したNo.20.6L。

レビンソンNo.20.6L 測定中

Mark Levinson No.20.6Lスペック計測

一般的な出力時の正弦波の計測。問題ありませんね。

出力時の正弦波。きれいな波形です。

下記は10V≒12.5W出力時の歪率ですが、0.00137%です。スピーカーの能率にもよりますが、一般的には実質12Wは大きい音量。50Wになってもほぼ変わりません。恐るべしNo.20.6L!!

No.20_6L 10V≒12_5W出力時の歪率は0_00137%

下記は実出力ですが、133Wでクリップが起こりました。

最大出力時のクリップ測定(正弦波にズレなし)

下記は位相反転時ですがビシッとした波形となりました。

位相反転時の波形ですが、山と谷のラインのズレもなくきれいなライン線が確認できました

Mark levinson No.20.6Lは2016年の11月後半からフルレストア作業を行っています。ようやく計測段階まできました。計測結果は素晴らしいものです。Motorola トランジスタを200個程用意し、挑んだレストア。もちろんテフロン基板の修正も行いました。まだこれから聴感上のサウンドを含めてテスト&調整が続きます。最長8か月の期間を頂いておりますが、しばらくお待ちください!


この間何台かのハイエンドパワーアンプのレストアも行いましたが、目指すスペックはいいが使用部品がプアなものや設計ミスによる動作不安定なものなど、ハイクオリティと思われているものでも、基板や部品コストから長期の性能維持において厳しいアンプがあります。No.20シリーズやML2Lはなぜ名機と言われているかは理由があります。使われている部品の格が違います。中古の一個体で音は判断できません。
先日ASKで販売させて頂いたNo.20.5(極上)は、一般市場価格とほぼ変わりません。何かあってもあのNo.20.5は修理でも整備でも蘇ります。使われる方の付き合い方が個体に出ますのでその辺りはお知らせしました。

シェアする