McIntosh MC275 SE

McIntosh MC275  SE  KT88pp

久しぶりのMC275です。入荷当初はクロムメッキ部分等に曇りがありましたが、薄く研磨し表面処理を施しました。本体は2010年にメーカーでオーバーホールされ、出力管なども新品同様です。ヴィンテージスピーカーとの相性は良いく電源投入後20分程で、50年代BLUENOTEの録音MAXレベルの音の勢いやXLR接続ならECM等のクール目なエアー感まで対応できる程かと思います。意外な実力機だと思います。

中古 McIntosh MC275 SE初期版  ¥756,000 (税込) 【販売済 ありがとうございました】

エレクトリ扱い 2010年にメーカーで正規オーバーホール済みです。出力管などはMcIntosh刻印に交換済。

中古 McIntosh・マッキントッシュ MC275 メーカーオーバーホール済み

気になる箇所としては真ん中のトランスケースに小さなへこみがあります(上記写真と下記写真)。MC275個体固有でステッカー印字も部分的に消えている箇所があります。入荷後、クロムメッキ部分は薄く研磨しましたので光沢が蘇っています。熱に強く電気的にも影響が皆無の曇りにくい表面処理を施しました。

真ん中のトランスケースにへこみがあります(代理店整備済みでサウンドは好調です!)

MC275 SE初期の評判は聞いていましたが、お気に入りのお品!これでヴィンテージスピーカーなどを鳴らすとJAZZなどのソース、特にタムやスネアでスキンのスキンを緩く張った時のパスッパスッっという音やブラシの擦れ音がハイエンドアンプと一味ちがう余韻と抜けで楽しいサウンド!オフッた音のエアー感もLIVEっぽい余韻が出てます。ノリのいいアンプですね!XLRはボリュームをパスするせいか鮮度感もあるようです。

MC275 ボディ クロムメッキ部分は薄く研磨し、光沢が蘇りました。今後曇りにくい処理を施しました。顔が綺麗に映ります!

2010年交換済の出力管KT88


 

シェアする