NEW SPACE

ANSNAM cedar

新しいAudio Dripper TOKYOの展示スペース×ANSNAM サウンドシステム。

”こだわり”は、男子の趣味嗜好においては避けては通れない御紋のようでオーディオやクルマはその最たるモノ。5千円のミニコンポでもヘッドフォンでも2億円するFM Acousticsのフルシステムでも、聴く音楽は変わらない。またリスニングルームも造りはじめるとキリがなく、こだわり具合で、その落としどころを探る旅…..十人十色。

洋服も”こだわり”はじめるとスゴイ事になっていきます。生地や製法などこだわりはじめるとキリがない世界。そして怖い事に、その仕事は表面に出てくるので、その佇まいになにげに感じたりします。オーディオ機器も同じかもしれません。


この夏が涼しくなってからAudio Dripper TOKYOのヴィンテージ系機材を展示させて頂く、ANSNAM cedar さまは国内ブランドでも特殊なアトリエで、シャツを造る場合、イタリア、コモ湖の生地工場をいくつかまわり、パリのアトリエや白金台のアトリエでパターンを起し、国内で販売するブランド。

すべてのアイテムがグローバル化ではない、世界のながく厳しい時間軸の中で評価を得てきた素材から成る洋服やアイテムを展示。主宰の中野さん的には当たり前なのかもしれません。一般的なブランドショップでは扱っていない、ヴィンテージ生地からつくるヴェストやスーツ。スイスの知る人ぞ知る生地などその世界は深そうです。

英国FOSTER & SONの職人だそうです。

現在は冬モノ販売がメインとなるそうですが、オリジナルな洋服や水牛の角から削り出したメガネフレームなど普通のセレクトショップには置いてない本物達が置かれていました。


ANSNAM cedarさまにはヴィンテージ機材をメインにサウンドシステムとして、展示スペースとして置かせてもらいます!季節やショップの雰囲気に合わせて展示予定です、もちろんご購入も可能です。洋服や音楽、本、ライブ、イベントなども行う予定だとか。微力ながらサポートさせて頂きます。

ANSNAM cedar (アンスナム シダー) サイトコンテンツは下記

シャツ ⇒

ベルト ⇒

ニット ⇒

靴 ⇒


ANSNAM cedar (アンスナム シダー)
108-0071 東京都港区白金台5-13-14 2階
定休日:火、水
営業時間:12〜19:00
ANSNAM  TOKYO JAPAN.

シェアする