3.2m×2.8m試聴ルーム 常設スピーカー Sonus Faber Guarneri Memento

SMALL 試聴ルーム 常設スピーカー
Sonus Faber Guarneri Memento


Sonus Faber Guarneri Memento

準備中の3typeの試聴ルーム

Audio Dripperでもご紹介させて頂きましたが、3.2m×2.8mの小さな試聴スペースの常設スピーカーがSonus Faber Guarneri Mementoです。当初オーディオマシーナのCRM想定していたのですが、変更です。常設するスペース自体はフルクローズが不可ですが、一般的な部屋を再現しています。プリアンプとパワーアンプはLINN klimaxかMarantzの真空管システムとなる予定。音の質感などからNagraのシステム等は試したいですね。重量級のオーディオ機器ではなく、クオリティ感あるデザインやHi Fi的にも大袈裟ではないシステムをセットします。

7m×6mの試聴ルームも灰汁が強いヴィンテージスピーカーですので、動作確認程度かサロンスペースになるかもしれません(笑)4m×3.8mの7,8畳程の試聴スペースをオーディオを選んで頂く試聴ルームとして位置づける予定で、音楽表現IQがすこぶる高いRCA-LC1Aを予定していました。RCAはイレギュラーですが、モニタースピーカーとしての実力はひじょうに高いスピーカーで、ソースや接続する機器の特質を良く出してくれました。LC-1Aはお買い上げ頂きましたので、丁度良いサイズのシステムがありません!Hartsfieldを8畳間程のスペースに圧し込む事も面白いです。大型ヴィンテージスピーカーを狭い部屋で鳴らす事はオーディオ的には難題ですが、巧くいくとコンサートの最前列で浴びるような快感が得られます。

3ルームでまったくことなるサウンドを体験頂ける様調整できればと思います。

ミュージック・モニターとしてのSonus Faber

こちらのGuarneri Mementoは、前オーナー様が新品で購入して以来、これまで誰も素手でボディを触っていないというお品です。太陽の紫外線にも当っていませんので、新品同等のコンディションです。Guarneri Mementoは後ろにセットバックするように傾斜した大理石ベースが特徴。スタンド自体にも高さがあるので一般的なソファに座ると、トゥイーターは耳の軸上を十数度外れます。測定器等で造り込みをしたスピーカーではないプロポーションですね。ピークがたたない奥行きある空間表現にも寄与していると思われます。左右スピーカーの距離でも大幅にサウンドに変化があります。7mから5m、3mとセット位置を変えると音楽濃度が変化します。現状では2.4m~3mが良いようです。

9月22日からご予約受付予定です。

ウッドケース


 

シェアする