STUDER D730MK2 Restore&UP Grade

STUDER D730MK2  オーバーホール&UPグレード

元箱や工具類、取扱説明書が付属していたSTUDER D730MK2の新品化計画!

STUDER D730MK2 RFエンタープライゼス

STUDER D730MK2 レストアと操作系、ドライブ系、メイン、電源部すべての整備とUPグレード

先日ご購入頂いたSTUDER D730MK2のレストアとUPグレード整備のログです。まずはドライブメカのオーバーホールですが、PHILIPS CDM4のアルミダイキャストメカVer. シリアルによって変わっている場合があります。最終だからどうこうはありません。レーザーダイオード出力値はほぼ新品となります。

STUDER D730MK2 ドライブメカ分解整備

下の写真はこの個体特有の症状で選曲ボタン「1」のスイッチ接点が劣化していたため交換しました。他部分も点検。接点がNGとなったり、ボタン裏面の操作基板自体が駄目になったりします。

STUDER D730MK2の操作ボタンの整備

メイン基板の各部の電圧状況

下記は現時点での左右正弦波ですが綺麗に揃っています。歪率も0.01台です。アイパターンも綺麗な状態です。

STUDER D730MK2の1KHz正弦波の歪率は0.01%台。

下の写真は左右CHの出力ゲイン調整ですが、純正値より高めます。サウンド的には圧倒的にこちらの数値が良いです(すべての個体で同一とは限りません)。左右差は少ない個体でしたが、調整後は0.0002V、とほぼパーフェクトな調整になったと思います。新品時にどこまで正確だったかはわかりませんが、おそらくビシッとクルはずです。

STUDER D730MK2 出力調整

下記が主要な交換部品。約80個ほどのパーツ。過去の修理履歴がおおよそわかると思います。目立つところでは、国産ではありますが、きちんと大容量のコンデンサーが交換されていました。他にも20個程は整備されていたようです。今回はSTUDER純正部品を含め、オーディオグレードパーツやBurrBrown社製オペアンプ(全交換)、ドイツ製パーツ等へ交換。前回整備であった日本製パーツはほぼ交換しました。

STUDER D730MK2 交換部品約80個

明日以降ランニングテストとなります。この個体は元箱や工具、取説類が付属していたものでしたので、とても価値ある1台となるはずです!


2017.8.5

ほぼ1週間の動作テストが終了。CD回転動作時に内部に擦れ音が出たため、再調整しました。ほぼ問題ない状態でしょう!今週にはご納品準備が可能となります。

シェアする