Goldmund MM36+ Restore Maintenance

Goldmund MM36+ CDトランスポートのレストア整備

代理店の整備期間が終了したデジタル機器のレストア整備&修理。

GOLDMUND  MM36+ CD

Goldmund 36+の現状

1.CDをいれて、読み取って時間、曲数が表示された後、プレイボタンを押すと、回転し始めるが、プツ、プツと音がしたり、音が飛んだりする。2回に1回以上の頻度。

2. 上記の不調の前から頻度は少ないが、以下の不調もあり。
1)CDを入れ蓋を閉めると、読み取って時間、曲数が表示される。プレイボタンを押すと、なかなか音が出ないまま蓋が開く。1回/2カ月

2)CDを入れ蓋を閉めると、読み取りの回転が始まるが、なかなか完了せず、そのまま、電源が切れる。1回/2カ月

Goldmund Mimesis MM36+の整備

Goldmund MM36+の内部です。非常にすっきりした内部にみえますが、PHILIPS系CDトランスポートとして必要十分です。わざとドライブ制御系と信号処理系、電源系を分けています。ボディは全重量36㎏あるので頑丈。特にドライブ系の造り込みはコストがかかったものです。

下はスイングアーム・ドライブメカとレーザーピックアップです。レーザー出力が弱くなっていたため音飛びなどの症状が出ていました。さらにドライブメカ制御基板の電子部品に劣化で正確なトレースができないCD盤がありました。

PHILIPS CDM9prpのレーザーダイオード

下は整備が終わった際の波形チェックです。左右CHともひじょうに綺麗な波形が確認できました。

オシロスコープによる左右チャンネルの波形

信号処理基板や電源部基板の劣化部品、消耗部品も交換し快調な状況です。あと数日動作エージングを行いご納品となります。

GOLDMUND Mimesis20&Mimesis 36+

代理店などでは不可能な整備やレストアも可能です。一部の修理は行っておりません。

シェアする