LINN SONDEK CD12|今年何台目・・・?

LINN CD12 ・・・今年10台目ぐらいの整備依頼

LINN SONDEK CD12の整備 出力回路部品の消耗が頻繁に起こってきた件・・・ LINN SONDEK CD12の左右音量が合わなくなったり、歪んだりする症状が出る 個体が今年に入ってぐっと多くなり、、、 下手す[…]

BARCLAY DIGITAL X1 CD Transport|バークレイ・デジタル X1 CDオーバーホール整備

こだわりまくった、、BARCLAY DIGITAL X1 CD Transport のオーバーホール

BARCLAY DIGITAL X1 CD Transportのオーバーホール整備|過去にオーバーホール整備を3台行っているバークレイ・デジタル社のCDトランスポート。とにかく造りや素材が凄い!!ドライブメカはPHILIPS製です。現在でも根強いファンがいる機器です。

Mark Levinson No.32L プリアンプ 正規品 オーバーホール整備版

Mark Levinson No.32L-Overhaul-seibi

マークレビンソン・プリアンプ 32L|Mark Levinson No.32Lのオーバーホール整備終了。
昨年あたりからオーバーホール整備が必須になってきたNo.32L。耳が鋭い方にとっては頭を悩ませますが、しっかり整備できますのでご安心を!オーバーホール整備すると最新モデルと充分以上に検討できます。

Mark Levinson No.32L プリアンプ 正規品 オーバーホール整備後ご納品

販売から20年オーバーホール時期に来ている Mark Levinson No.32L

マークレビンソンNo.32Lは、 オーバーホール整備後に販売。 販売から20年、オーバーホール時期に来ている Mark Levinson No.32L ここ1,2年入荷、もしくは修理依頼を頂くレビンソンNo.32Lはかな[…]

STUDER D731 CD Player|こちらの個体は最終S.N.番号に近いのD731です。

STUDER D731オーバーホール整備|CDM4レーザダイオード新品

STUDER D731 CD Playerのオーバーホール整備
スチューダーD731はA730の次に販売されたD730のデッキバージョンです。

中身はほぼ同じで、筐体のサイズから、基板などが若干余裕がある取り回しとなります。

しかし、デッキトレイタイプの宿命でベルトやトレイを構成するプラスティックパーツが

非常に弱い個体が多々あります。これはD731に限らずです。

Mark Levinson ML6L mono PRE AMPLIFIER|レビンソン・プリアンプ

Mark Levinson ML6 モノラルプリアンプの左右CHを揃える整備

Mark Levinson ML6 モノラルプリアンプのオーバーホール整備。マークレビンソンML6モノラルプリアンプと言えば、OLDレビンソン、M.L.A.Sきっての鋭敏かつエネルギッシュさらには説得力があるモノラル・プリアンプの筆頭です!左右チャンネルをそろえた整備で生まれ変わるはずです。

LINN SONDEK CD12 MK3 24BIT |中古 CDプレーヤー

後期 LINN SONDEK CD12 MK3 24BIT CDプレーヤー 正規品

LINN CD12は2021年の現在でも美しいデザインで無駄を排したシンプルでミニマルなプロダクトです。

削り出しトレイのスムーズな動きやアルミ削り出しの筐体など品質の高さなども話題を呼びましたが、

やはりその性能、音楽性には驚きを覚えるプレーヤーでした。

STUDER A730オーバーホール整備

スチューダー・STUDER A730のオーバーホール整備|過去修理の訂正など

3360番台のSTUDER A730 業務用CDプレーヤーのオーバーホール整備。 STUDER A730業務用CDプレーヤーの修理・整備 以前に割と大きな整備が施されたスチューダー A730です。交換部品でだいたいわかり[…]

Mark Levinson No.26L BAL-Balance|BI-26 バランス回路ボード|交換部品

1980年代のMark Levinsonフラグシップ、Mark Levinson No.26Lオーバーホール【中古】

【USED】Mark Levinson No.26L-BAL PREAMP Overhaul マークレビンソンNo.26L(バランス) プリアンプのオーバーホール整備。 【中古】マークレビンソンNo.26L(バランス)の[…]

Wadia7+9 デジタルプレーヤー

ワディア最高峰かも知れない、WADIA 9+7のオーバーホール整備

1990年代初頭に登場した、Wadia7+9 デジタルプレーヤー【中古】
WAADIA 7+9はCDプレーヤーが登場してから約10年後に登場した、CDトランスポートとDAコンバーター。

凄いのはAT&T3210DSPチップ、2個でデジタル信号が処理され、演算分解能は40ビット。

またD/A変換部は片ch、4基のBurr-Brown PCM63コリニアDACを搭載の完全フルバランス構成です。

とても余裕がある構成です。

特に凄い部分はハイエンドオーディオ機器で必ず登場するパーツ、音色を決定するフルサイズの

パーツを惜しみなく使っています。