マークレビンソン・パワーアンプ

Mark Levinson No.20.5Lの整備&WBT端子への交換~ご納品

ある種のヴィンテージハイエンドの頂! マークレビンソン No.20.5L、 WBT端子交換&リフレッシュ整備~ご納品 1970年代のハイエンドオーディオ黎明期から続く、 マークレビンソンNo.20.5Lのオーバーホール整[…]

中古アンコール・パワーアンプ|cello Encore MONOパワーアンプの整備

マークレビンソン氏が飛行機で運んだ、cello Encore MONOプロトタイプ

Mark Levinson氏が手荷物で運んだ、 cello Encore MONO プロトタイプの オーバーホール整備。 s.n.0001&0002番のチェロ アンコール モノ パワーアンプ cello Encore M[…]

cello R-DAC Reference(写真撮影時のみスタッグ)

シリアル番号、1番のcello R-DAC、オーバーホール整備 。

世界で初めて製品化されたcello R-DACの オーバーホール整備 。 シリアルNo.0001のチェロ・リファレンスDAC cello R-DACのオーバーホール整備 久しぶりのcello R-DACのオーバーホール整[…]

PIEGA Master Line SourceとML6

【更新】Mark Levinson ML6|お客様レビュー&オーバーホール整備

Mark Levinson ML6|中古マークレビンソン・プリアンプのオーバーホール整備・修理記録。まずはボリューム、特にガリなどはありませんが左右2ch分を分解整備。この当時は航空・医療・軍事用機器で使用されていた巻線抵抗器です。製造から40年経っても分解し新品同等になるところは凄いですね。

Mark Levinson No.32L|中古プリアンプのオーバーホール整備

ボリューム基板がNGになった、Mark Levinson No.32Lの オーバーホール整備。

ボリューム基板がNGになった、 Mark Levinson No.32Lの オーバーホール整備。 ・・・ここ1年ほんとうに多くなってきた、 マークレビンソン No.32Lプリアンプのオーバーホール整備依頼。 毎月1~2台[…]

cello ENCORE 1MΩ Lとcello ENCORE 1MΩ LMK2

初期 cello Encore プリアンプのオーバーホール整備|チェロ・アンコール

cello Encore PHONO初期型の オーバーホール整備。 cello Encore |チェロ・アンコール プリアンプのオーバーホール整備。 cello Encore初期型のオーバーホール整備のご依頼。 外観はと[…]

LINN SONDEK CD12 20BIT最初期モデル

LINN SONDEK CD12|新品ピックアップの交換&液漏れコンデンサ 14ケ交換整備

LINN SONDEK CD12 CDプレーヤー、 レーザーダイオードの消耗&純正コンデンサの 液漏れ修理・整備。 トラブルが多くなってきたLINN CD12の修理 LINN SONDEK CD12は根本的な整備スケジュ[…]