STUDER D730MK2クロックUP&レストア+α整備

 STUDER D730MK2
Clock UP&レストア整備・電源部強化プラン

マスタリングスタジオやメジャーレコード会社納品と同様の整備チューニング仕様のSTUDER D730MK2

STUDER D730MK2

日本国内の業務用CDプレーヤーで導入実績の多いプレーヤーはSTUDER機で、多くのCD盤が今でもこの機種で検聴されています。PHILIPSのスイングアーム式ドライブメカとDACの組み合わせ。

 

STUDER D730MK2メイン基板の整備

下記は以前に整備されたメイン基板ですが、多数の国産パーツへ交換されています。グレードは高いのですが、スッキリさっぱりした音になりやすいパターンです。

STUDER D730MK2メイン基板の作業前

下記はSTUDER純正コンデンサーへ戻したところです。左右チャンネルすべて合わせてあります。

 

STUDER D730MK2メイン基板の作業後

STUDER D730MK2の電池交換前

過去に交換してありますが、いずれ漏れます。この個体はメイン基板へ電池の液漏れはしていない事がわかりますね。綺麗な基板です。

液漏れしない交換後のメモリ電池

 

STUDER D730MK2のドライブメカ

STUDER D730MK2 ドライブメカ部

STUDER D730MK2

このSTUDER D730MK2に搭載されていたドライブメカはPHILIPS CDM4/19というモデル。写真でもわかる通り、アルミダイカストのフレームにマウントされています。

PHILIPS CDM4/19ドライブメカ

STUDER D730MK2

分解整備によるレーザーダイオードの計測出力は5mvあり、新品と同一の出力値となっています。

 

STUDER D730KM2のサーボPCBの整備

制御基板にSTUDER A730やD730にはいくつかバージョンがありますがバージョンを変えると不具合が起きる場合がありますので、劣化部品を交換する事で蘇ります。

STUDER D730MK2の制御基板の整備

STUDER D730MK2の制御基板アース

STUDER D730MK2のサーボPCB、アース線交換前

下記はPCBボードの部品。ニチコンのオーディオグレード部品へ交換されていました。

STUDER_D730MK2のサーボPCB作業前の写真

STUDER純正コンデンサーへ交換。

STUDER D730MK2の制御基板の整備

下記は入出力端子の端子を交換します。スイス製のノイトリックを使います。細かい事ですが安いものはアジアで生産され精度にちがいがあります。

STUDER D730MK2の入出力端子の交換

STUDER D730MK2の電源まわりのチューニング

電源部は劣化がすすんだ国産パナソニック製のコンデンサーからドイツ製のコンデンサーへ交換します。

 

 現在ドライブメカとメイン基板、電源まわりなどが終わりました。これから操作系やクロックUP部、出力基板、全体調整などを行っていきます。

シェアする