ListeningRoom Acoustic Module

Listening-room Acoustic Module

早い!安い!カッコいい、そしてサウンドに効く。あらゆる拡張性があるモジュール式。拡散、吸音、素材などあらゆるパターンでルームアコースティックをカスタマイズ。新しいサウンドモジュールの開発!

Listeningroom Acoustic base-module(下地:仕上げ前)

部屋の音響をより自然にしていくListeningroom Acoustic base-moduleの実験。既存の室内壁面に骨組みを造り施工します。また地震にも効くように通常の住宅に使用する材料の柱構造となります。

上の写真は壁面の「BASE module ベース・モジュール」でここに拡散モジュールや吸音モジュールなどを取り付け取り外しできるようにします。スピーカーや好みの変化に対応。素材の違いも楽しめます!

マンションなどのスラブでもOK

弱い壁を補強したり、Qの高い壁面の反射を緩和し、非平行面を造るBASE module

内部には柱があり、室内にももう一つの壁を造るイメージ。上の写真はマンションなどのRC造スラブの下に施工。施工はワイド14メートル×3mの高さで2日です。3日目で仕上げをします。

このBASE moduleだけでも話しやすくなります。特にスピーカー背面のRC造壁面や弱い木造の壁面で最大の効果を発揮します。床から天井までのリジットに設置した非平行面の拡散効果は一般的な小さなルームアクセサリーを設置するものと根本的に効果がちがいます。

仕上げ材などはあらゆるニーズに対応。天井面やリスニングエリア・バックモジュールもなど拡張性があります。鉄骨でリスニングルーム(箱)を造り、空調や電気設備などもOKです。

ルームアコースティックは商品ではない、じょじょに造り上げていくもの。

スタジオやホール音響オープンまで一気に造り上げます、だから失敗作が多い。失敗作の方が多いと言ってもいい。僕らが提案するルームアコースティックは一気にくみ上げる商品、商売的なアプローチではありません。部屋とサウンドはじっくりと造り上げていけばいいいのです。そもそもオーディオの趣味はそういうもの。数百万、数千万円の商品を買って、ただつなげるだけが趣味ではないのです。

ルームア・コースティックのノウハウは使い手が、遊びながら自己のものとした方が楽しい。楽しみ方に貪欲な方におすすめです。音キチっぽいダサさはやめましょう!彼女が遊びに来て違和感なく音楽が楽しめる空間。奥様の友人が素敵ね!と言ってくれる空間。そしてさり気なく音がいいこと。

たとえば、国産ハイクオリティ・モリシゲのソファが似合うルームアコースティックとかがカッコいい。

シェアする