STUDER D730の保証期間内の修理整備【当社お買い上げ品】

STUDER D730の保証期間内の修理

Audio Dripperで販売したSTUDER D730(過去整備品の一般USED)に輸送中の不具合がありましたのでたまには、レストア整備ではなく修理作業をレポートします。

 

STUDER D730の宅配輸送について

STUDER D730に限らず古いデジタルプレーヤーの宅配にはリスクが伴います。筺体やトレイ部、基板、ドライブメカなど経年による劣化や破損があります。今回は入荷から3カ月間ほどの期間、1週間に1,2度の動作時点では一切誤作動・不具合がなかった個体でしたが、輸送した当日に不具合が発生しました。

輸送用段ボールは専用の2重段ボールを造っています。緩衝材も簡易な充填剤を使用しない発砲スチール材の専用となっています。

STUDER D730の6ヵ月保証修理の概要

今回は保証期間内ですので無料修理となります。その内容は下記となります。2時間程動作で電源が落ちるという症状でしたので、電源部コンデンサーを新規に交換。ついでに劣化コンデンサー20個を交換しました。

STUDER_D730(修理品)メイン基板を取り外しメンテナンスいたします。

下記部分はSTUDER D730に搭載されているPHILIPS CD/4-19ドライブメカの一部基板です。念のためドライブメカも分解し劣化パーツを交換しました。

STUDER_D730(修理品)CD/419の内部パーツを新品に交換

STUDER_D730(修理品)フラットケーブルの端子を新品に交換

STUDER_D730(修理品)調整中

STUDER D730の左右CH歪率測定

STUDER D730の左右Ch:1kHzの正弦波測定

STUDER D730の測定結果も充分です。左右チャンネルの出力や歪率にほぼ誤差はありません。正弦波も綺麗な状態ですので、音像やサウンドステージが新品と同じかそれ以上の精度でお聴き頂ける個体となりました。

さらにPHILIPS CDM4のレーザーダイオード出力も新品時と同様の出力です。お客様にはご迷惑をおかけしましたが今後相当年数お楽しみ頂けると思います。またSTUDER A727のレストア版のオーダーありがとうございました!

プリアンプやパワーアンプなどの保証期間内の修理

ちなみに、当社でご購入頂いたプリアンプやパワーアンプなども同様の修理を行います。また当社でご購入された機器は当社で高く買取も可能です。


■STUDER D730の修理

・PHILIPS CDM4の分解整備

・劣化コンデンサーの交換:29個(大容量電源部コンデンサー含む)

・メイン基盤、操作基板、制御基板のチェック

・レギュレーター、ICの交換

・フラットケーブル端子の新品交換


今回はレストア整備ではなく、当社でお買い上げ頂いた商品の保証期間内の修理整備となります。

シェアする