STUDER A730 Restore&UP Grade

STUDER A730 Restore&UP Grade

Jazz全般や女性ボーカル。さらには ヴァイオリン協奏曲、管弦楽などをお聴きになるお客様のSTUDER A730 レストア&UPグレード整備。到着後、動作テストの際に読み込み不可となりました。

A730作業前、読み込み層で読み込みが出来ない状態。

ほぼほぼ純正状態で、部品劣化が相当に進んでいます。特に電源周りとアナログ回路のコンデンサーはほぼ全滅といっていいでしょうか。過去に依頼があったSTUDER A730の多くは1度や2度修理されていたものが多かったですが、この個体はほとんど修理履歴が見受けられない個体でした。

STUDER A730 作業前のメインボードの写真

メイン基板の電池部分の液漏れと基板への到達状況です。

STUDER A730 電池の液漏れがかなりありました。

STUDER A730のメインボード整備

STUDER A730 ドライブメカCDM3の分解オーバーホール

このSTUDER A730はS.N.5千番台の個体で市場では数少ない個体です。

STUDER A730から外した劣化部品・見込部品、オペアンプ

今後は調整を繰り返し行う予定です。現在は読み込み不可のテストAUDIO CDはありません。

シェアする