JBL Olympus S8R USED

其れ、一式。

JBL Olympus S8R他

20代の女性が選ぶスピーカーは日本古来の格子と、
古き良き米国の叡知が宿ったOLYMPUS。

WILSON AUDIO System5とJBL Olympus S8R初期型

WILSON AUDIO System5は現代においても高性能なサウンドを聴かせてくれるスピーカー。それはPorsche 964RSのような無骨さを伴いながらソリッドさももあります。一方、JBL Olympus S8R初期型はPorsche 930Turbo(4sp)の如し更に無骨でありながら凛とした風情を醸す。いずれも水冷Porscheのような器用なグローバルさや多様性はないかもしれません。その代わり未来の存在感を確立しているとも言えるスピーカー。

今回JBL Olympus S8Rをえらばれた方は20代の女性。WILSON AUDIO System5に魅力を感じられていたのは旦那さん。

JBL Olympus S8R

今回選ばれたJBL Olympus S8R初期型はフルレストアされパーフェクトな個体。キャビネットやユニット、ネットワーク、さらにはサランネットの裏側の生地まで綺麗にされたものでした。国内に在るJBL Olympus S8R初期型の中でもトップクラスのコンディションだったと思います。

1964年のJBLオリンパスカタログ

2018年と60年前のスピーカー。消費とは何か…..

お客様は着物店のオーナーで古いものでは約80年も前の生地をつかった着物を扱うそうです。そういう着物は優しくいたわりながら着る必要があるとか。着物に限らずオーディオやクルマもヴィンテージものは買い手を選ぶのかもしれません。モノが買い手を選ぶのかもしれません。ユニクロの洋服は着るものを選ばないでしょう。たくさん売れるでしょう。でも10年後、30年後に大事にされている服なのかは知りません。おそらく消費され無くなっていくもの。先述の着物やANSNAMの洋服はその正反対にあるかもしれません。

時代を超えて残る事がすべて良い事ではありませんが、音楽もモノも自動車も何もかもが経済成長のため、消費のためだけに生産されるとしたらあまりに無味乾燥な世界が広がる事かもしれません。

世界にはもっと無駄が必要で贅沢が必要。近視眼的な数日間の株価に右往左往しても始まらないでしょ(笑)あなたの孫が生きる80年後に何を残してあげますか?

ansnam ニットコレクション

オーディオも同じでGoogleやAmazonなどが販売する多機能なAIスピーカーの価格が4,980円から。498,000円でも売れるものを売ればいいのにと思います。わざわざ東南アジアで生産し、安くするだけでは将来的には誰もハッピーにはなれない。インターネットやスマホが普及して多様な情報にアクセスできる事で便利になりました。なので週休3日制もすぐでしょう!1日8時間も働く必要がなく、給与も毎年どんどん上がるはずです。便利なのにラクにならないテクノロジーは不思議。

JBL Olympus S8R初期型は1960年代の販売当時500万円程の価値で登場しました。約60年前のJBLは現代のGAFAより断然HIPだったと思います。

つらつら書きましたが、20代でJBL Olympus S8R他、STUDERA730レストア版、Mark Levinson一式をギリギリで購入されていく度胸には参りました。すぐには理想的なサウンドにならないかもしれませんが、じっくり付き合って頂ければいいサウンドになるはずです。お二人には素晴らしくエキサイトな30代~が待っていると思います!ご活躍ください。

 

あれ、一式。

誠にありがとうございました。

シェアする