Mark Levinson 32L-Overhaul-seibi

Mark Levinson No.32Lオーバーホール整備

コントロールユニット基板が破損したNo.32L…….

オーバーホール整備版の32Lを購入された方が所有されていた32Lのオーバーホール整備。

 Mark Levinson No.32L オーバーホール整備

Mark Levinson No.32L オーバーホール整備

Mark Levinson No.32Lのオーバーホール整備

オーバーホール整備のご依頼頂いた Mark Levinson No.32Lは、

バランス入力時に左右チャンネルの音圧バランス、左チャンネル出力が小さくなる症状がありました。

他にも劣化コンデンサが多数ある状況………..

今回の個体は基板自体に問題があり、コントロール基板自体の交換が必要でしたが、

本国にもストックがなく基板修理(改造)による修理となり整備日数も2倍ほどかかりました。

修理しないまま使用し続けると新たな不具合が出てくる可能性もあります。

マークレビンソンNo.32Lのコントロール基板

マークレビンソンNo.32Lのコントロール基板

 Mark Levinson No.32Lのサウンドの違いや状態など

1999・2000年に登場したマークレビンソンNo.32Lも製造から20年を超えました。

24時間通電を1年続けている個体もあれば、冷却ファンを稼働させながらご使用されている方、

1週間に2時間ほどしか聴かれない方、などそのコンディションは様々でしょう。

コンデションによるサウンドの差はとても大きく同一機種だからと言って同じ状態ではありません。

製造から20年経ると各個体は販売時の製品管理時期から外れてきます。

これは32Lに限った事ではありません。

Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備済。マークレビンソン 中古フラグシップ32Lプリアンプ。

Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備済|マークレビンソン 中古32Lプリアンプ(以前整備した32L)

前回オーバーホールしたNo.32Lも劣化部品が大量にありました。

やはり未整備の32Lのサウンドは覇気がなくエネルギー感に乏しい。色彩感や立体感も乏しい、

というような事がオーバーホール整備した個体を聴くと感じます。

音が暗く感じる個体も劣化した部品の影響かもしれません。

Flagship-preamp-2000s-1990s

Mark Levinson No.32L

 

Mark Levinson No.32Lのオーバーホール整備&修理

Mark Levinson No.32L|メイン基板の整備

Mark Levinson No.32L|メイン基板の整備

Mark Levinson No.32L|オーディオユニット

Mark Levinson No.32L|オーディオユニット

Mark Levinson No.32L|インプット基板を取り外し、赤丸印の劣化部品(コンデンサー)を交換する。

Mark Levinson No.32L|インプット基板を取り外し、赤丸印の劣化部品(コンデンサー)を交換する。

下記はオーディオ基板・アッテネッター基板の整備です。ICとコンデンサを交換。

左右バランスが崩れている状態を正しくするためには、

コントロール基板を交換する事ですが、国内代理店や本国メーカーにも

基板在庫がないため、コントロール基板からゲイン設定回路をパスすることで

左右音圧が正しくなります。この個体は12dB固定の設定で左右音圧が揃いました。

マークレビンソンNo.32Lオーディオ基板・アッテネッター基板の赤丸印の劣化部品(コンデンサー)・青印の劣化部品(IC)を交換する

マークレビンソンNo.32L|オーディオ基板・アッテネッター基板の赤丸印の劣化コンデンサと青印の劣化ICを交換

Mark Levinson No.32Lや320シリーズでよく起きるウレタンブッシュの

落ち込みによるボリュームの空回り症状。

Mark Levinson No.32L|URETHAN SPRINGが経年劣化しており、BALLが落ち込んでいる。

Mark Levinson No.32L|ウレタンスプリングが経年劣化しており、ボールが落ち込んでいる。

Mark Levinson No.32L|ウレタンスプリングの交換。

Mark Levinson No.32L|ウレタンスプリングでノブを固定しいます。

Mark Levinson No.32L|ウレタンスプリングが経年劣化しており、ボールが落ち込んでいる。

Mark Levinson No.32L|ウレタンスプリングの交換

Mark Levinson No.32L|電池液漏れによるリモコン基板の腐食

Mark Levinson No.32L|電池液漏れによるリモコン基板の腐食

リモコンの電池は使用できていても2,3年程で交換しましょう。

Mark Levinson No.32L|リモコン基板の整備

Mark Levinson No.32L|リモコン基板の整備

交換部品は劣化コンデンサとリレーやICなど60点以上となりました。

Mark Levinson No.32L|劣化部品

Mark Levinson No.32L|劣化部品

Mark Levinson No.32L|劣化部品

Mark Levinson No.32L|劣化部品

今回は

Mark Levinson No.32L

Mark Levinson No.32L

そろそろ20年選手もでてくる Mark Levinson No.32L。個体差がとても多くなってくる時期です。

リフレッシュされたサウンドは今でも充分に魅力的なので、コンディションの良い個体をお探しください!