Mark Levinson ML1L 修理・整備【中古 マークレビンソンML-1L】

Mark Levinson ML1L モジュール式プリアンプの整備

John CurlとMark Levinsonが1970年代に造ったJC2の直系マークレビンソンML-1L。LNP-2Lコントロールアンプとの共有部品も多いOLDレビンソン・プリアンプです。製造から30年経ますので何かしら不具合等がある場合がありますが、整備をすれば充分な性能を発揮します。下記の歪率などは非常に優秀な結果でした。サウンドも充分現役です!

Mark Levinson ML1L 正規RF

Mark Levinson ML1L マークレビンソン・プリアンプ

Mark Levinson ML1Lの整備の計測値です。通常フル出力時の歪率は0.0026%台まで調整しました。かなり良い数値です。左右チャンネル差はほぼありません。もちろん最低ゲインでの歪率も左右チャンネルともほぼ同一です。

Mark Levinson ML1Lの通常フル出力時の歪率0.0026%台と優秀な成績です。

下記の写真はフル出力時の3倍の歪率で0.013~0.014%台。1%を示してもおかしくない条件ですが基本スペックの高さは流石です。

Mark Levinson ML1Lの通常フル出力時の3倍時の歪率0.013~0.014%台と優秀な成績です。

他にはスペクトロールのボリュームや左右ゲイン調整は分解整備しました。モジュールは各測定でOKです。

Mark Levinson ML1Lのボリュームの一部ハンダ劣化で外れる寸前でした。

Mark Levinson ゲイン調整ボリュームの分解整備。

Mark Levinson ML1Lスペクトロールのボリューム整備(分解しています)

Mark Levinson ML1Lのモジュール電圧測定、15V規定値でほぼOKです。

Mark Levinson ML1Lのレストアとまで行きませんがおおよその部分を整備いたしました。

Mark Levinson ML1L

Mark Levinson ML1L マークレビンソン・プリアンプ

■Mark Levinson ML-1L  フォノMM RF正規品 電源PLS-153パワーサプライ 動作保証6か月【ご成約 ありがとうござました】

シェアする