STUDER A730 SP Restore

STUDER A730 SP 整備&UPグレード版 本体ご購入モデル

STUDER A730 CDプレーヤー。RFエンタープライゼス

こちらの個体は買取で入荷したSTUDER A730をご購入頂きレストア整備中の個体です。お客様から写真のリクエストを頂いています。

【中古現状】STUDER A730の右中上の電源部のコンデンサーは純正コンデンサーで計測すると容量は若干抜けていました。左のサーボ基板のコンデンサー類も純正です。写真中ほどのトランス部・レギュレーター部は発熱対策モデルであることがわかります。電池は要交換。

STUDER A730の純正内部写真

コンデンサー計測:A730の電解コンデンサーの容量測定。100μFが85.6μFと容量抜けがあります。

上記写真は取り外したコンデンサーですが、だいたいのコンデンサーが回路図指定の7割~8割ほどの数値を示していました。

これから取り付ける新品コンデンサーの容量測定。100μFが99μFとほぼ100μFです。

STUDER A730純正部品

STUDER A730メイン基板の整備

上記の様な純正部品を数十個交換していきます。とうぜん、電源部やドライブメカCDM3のレストア、電池部分の基板整備、サーボ基板などすべて。

STUDER A730メイン基板部品交換

電源部はドイツ製でよりハイスペックなコンデンサーへ交換。過去に何度もヒアリングして選択しているパーツで大手レコード会社様からご依頼のSTUDER 機もこの部品を選択しています。現在ほぼ終了し、今週からランニングテストに入ります。

2019年10月15日

STUDER A730完成

STUDER A730整備終了

メモリ電池はSTUDER仕様と同じ電池へ交換。

メモリ電池はSTUDER仕様と同じ電池へ交換。コンデンサー(スーパーキャパシタ等)の代用はいたしません。ここはメモリ電池が純正です。

STUDER A730のXLR出力部

オランダPHILIPS社製のオペアンプを左右4個(±2個)搭載。純正の2倍で1つのオペアンプで動作する部分をダブル化しました。1個あたり純正比コスト10倍です。XLR出力基板のカップリングコンデンサーもヴィンテージハイエンド~現代ハイエンド機定番のドイツ製パーツを選択。

STUDER A730 動作テスト3日目

 

シェアする