shirokanedai-audio-room

no music  no life的な人生の方へ

 

音楽がいつも鳴っている状態が常態となっている仕事&私生活。

意外と多くの方がそうだったりする。音楽に浸って何かをしたり、こなす。

生活スタイルが移り変わりで今だと、調律した勝手知ったる

自分のシステムの前でラップタイムを計るような聴き方や、

毎日2時間ほどソファに1人座り、

集中して「聴く」時間があることは、至極贅沢。

オーディオが贅沢な趣味である理由は、

オーディオ機器そのものの天井知らずの価格や、

ことと次第によっては家とか丸ごとなんとかしたくなる

強烈な衝動が沸き起こる、からでもない。

1人を楽しむ・感じる・見つめる・思う・考える、

という行為が介在するから贅沢なんだろうと思う。

持ち出して見せびらかすことができないのに、アンプで100万円、

凄いのでは新品2千万円余。今だとハード費用が1万円もあれば聴ける。

クルマ趣味の対比を思えばオーディオは桁違いに凄いコト!

 

さらに機器を買って、繋いで、調整して、聴いて、調整して々…..

繰り返し音楽を聴いて、悦に入り・・・・さらにその先がある。

とは言っても、極上な休日の朝、もしくは微睡みたい午後。

リビングで好きな音楽が流すときに手軽であったとしても、

レーシングスペックなシステムではない道具を用いたい。例え同じ空間であったとしても。

それが贅沢な立体的な空間、時間の居ずまいじゃないかと思ったりする。

Audio Dripper 白金台ROOM | 2F

という屁理屈を思いながら、8月1日、新しくやろうと思っている白金台のスペースに

スピーカーなどを持っていきたかったのですが、この暑さにやられて

「Audio Dripper」のカンバンだけをしっかり置いて来た。

 

秋口まではTELEFUNKEN KlangBOXの小さなスピーカーや

ライトなオーディオ達を展示していきます。

部屋に馴染むサウンドとかを体験ください。

TELEFUNKEN Kllangbox L71など

とにかく暑いので、たぶん稼働は8月末になりそうです、

こちらも予約制です・・・・

場所は白金台のプラチナストリートの一筋入った場所。

螺旋階段を昇り、ANSNAMさんのアトリエを通った奥のスペース。

 

 

 こういうバッグも選べます。イタリアGUIDI社の工房へ直接訪問して、

職人に発注したバッグとか。納期1年8か月。

今週末はイタリアやイギリス、フランスから仕入れた革で

オーダーメイドするオーダー会をやってるそうです。

#139 MANNAS BAG

GUIDI社のベイビーカーフ(革)

GUIDI ベイビーカーフバッグ フルオーダーメイド 納期1年8か月  27万円(税別)

 

シェアする