STUDER A730 5千番台 レストア整備

煙が出たSTUDER A730 レストア整備

STUDER A730 レストア

今回ご依頼のSTUDER A730 レストア整備個体はシリアル番号5千番台の個体です。しかしながら電源部から煙が出て内部は焦げ臭い状況。すでにコンデンサーを中心に交換が進んでいる状況。写真の右側筺体の四角い枠内の電源部を中心に焦げ臭さが残っています。現在動作状況まで戻しましたが、電源部の温度上昇が顕著。

通常ならシリアル5千番台のSTUDER A730 はここまで温度上昇がありません。本来なら内部放熱版がボディへ熱を逃がします。今回は電源部周りの部品を電源が入る部品取り個体からこの個体へ移設します。

 

PHILIPS CDM3&制御基板の整備

 

STUDER A730  メイン基板

下記は整備前のメイン基板ですが、電源部コンデンサー2本が国産へ変わっています。他はほぼ交換されていません。電池はコンデンサー(スーパーキャパシタ)へ交換されていますので、純正同様の電池(液漏れしにくい電池)へ交換します。

PHILIPS CDM3の制御基板のコンデンサーを交換。特にアルミ電解コンデンサーは交換します。

サーボPCBレストア中

PHILIPS CDM3分解整備、レーザー出力値は充分にありますので今後も心配ありません。

PHILIPS CDM3分解整備

下記はXLR出力基板の整備。約30年稼働したオペアンプは交換します。電解コンデンサーはドイツ製へ交換。音色にかかわる重要な部分です。

XLR出力部のレストア

電源部の発熱以外はスムーズに進んでいます。他動作はスムーズですが、発熱に関しては異常があると言えます。
次は電源周りの温度上昇をアナライズしながら部品取り機から移植してみます。


STUDER A730 電源トランスの交換

下記写真のトランス部が異常発熱をおこしています。以前に発煙した箇所もこの付近となります。

STUDER A730 現状の電源部トランス

電源トランスやフィルター類を含め、通常温度で安定動作するまで調整いたします。3端子レギュレーター、レギュレーターを含め整備を行う予定です。

STUDER A730 の交換用トランス

新たな電源トランスへ換装させて発熱状況と動作確認を数日に渡って行う予定です。

 

 

シェアする