cello Encore150Mono ListenView

クールな佇まい、しかし。

cello Encore 150 Mono

 

cello Encore 150 Mono|モノラルパワーアンプのレビュー

音楽にLIVE感を!シズル感を!

used mint-cello Encore 150 Mono

 

cello Encore 150 Monoの1stインプレッション。

入荷日から翌日2日間の簡易レビューです。

cello Encore 150 Monoは入荷した当初のセットでは

『こういうものか・・・』、なと思いました。

正直cello AUDIO PERFORMANCEと比べるまでもないという・・・

たまたま電話でcello Encore 150 Monoをでご使用されているお客様に

感想を求められたときにお茶を濁すような感想になりました。

その時は、たしかにスゴクはなかったから。

cello AUDIO SUITE|チェロスイートプリアンプ P301×2

cello AUDIO SUITE|チェロスイートプリアンプ P301シングルで接続

翌日。夕方ある雑誌の取材が終わり、cello Encore 150 Monoに

cello AUDIO SUITE(P301シングル接続)とSTUDER A725をセット。

 

まるで変ったような広大なライブネス感!

ATC SCM100がこんなに自由闊達に鳴り響くもものか・・・・

ちょっとなかなかない広さに伴う密度感。

cello Encore 150 Mono|チェロの最終モノラルパワーアンプ

cello Encore 150 Mono|チェロの最終モノラルパワーアンプ

最初にセットした上流機、CDプレーヤーを替えただけで

サウンドステージの枠が”物理的”にちがうほど、迸るサウンドステージ。

「Miles Davis / Live Around the World」の核心とリスナーの熱を

しっかり伝えるパワーアンプ。

躍動感もあって、ハイの微粒子感もちょうどいいアクセント。

これがシズル感につながってくる。

・・・・はじめの印象がこれだけ違うパワーアンプも稀。

これは手放す人が少ないワケですよ・・・

cello Encore 150 Mono&cello AUDIO SUITE

cello Encore 150 Mono&cello AUDIO SUITE

おそらくセットの仕方や、つなぐプリアンプ、

上流機でその表情が一変するパワーアンプであることがわかりました。

cello Encore 150 Mono|アルミ加工精度が恐ろしく高い筐体となっています

cello Encore 150 Mono|アルミ加工精度が恐ろしく高い筐体となっています

cello AUDIO PERFORMANCEとどうちがうか、

というより、かなり双璧なセットでもあるかもしれません。

使い勝手で言えば8Wまで純A級で発熱が少ないことも魅力です。

cello Encore 150 Mono

cello Encore 150 Mono

明日ご試聴される、Audio Dripperのお客様でも

OLD Mark Levinson&Mark Levinson 、cello、EAR、LINNの

フラグシップを数セット鳴らしわけるお客様の感想が楽しみです。


cello Encore 150 Mono、お客様からのレビュー 2020.4.1

数多あるハイエンドパワーアンプの中でも臨場感があるサウンド。

Highは伸びているが煩くない。LOWも凄く出るが緩んでない。

音楽を聴くのが楽しくなるパワーアンプ。

No.32L、EAR912、cello AUDIO SUITEやLNP-2L、LINN Klimax SE/dなど、

各プリアンプとの相性は問わないパワーアンプ。

との事でした。

お客様のスピーカーは46㎝ウーファーを搭載した鳴らすのが難しいスピーカー。


cello Encore 150 Monoのすべてが良いとは限らず、必ず個体差があるので

今回の個体は相性が良かったのかもしれませんね。

シェアする