音楽の本質を可視化するようなcelloリファレンスシリーズ

Audio Dripper 甲府ANNEX ×

cello Reference series

 

東京からクルマで1時間半ほどの甲府(渋滞時はエンドレス・・・)。電車で新宿から1時間半ほど。

500年前武田信玄公の父君が開府した街。

これからの時季はすごしやすい。夏場も暑いのですが東京圏よりも湿度が少ない環境。

kofu used audio shop Audio Dripper

こちらでセット展示している機器は2019年9月に3台入荷してきた

celloのAUDIO SUITEやAUDIO PALETTEなどのリファレンスシリーズを中心に

cello ENCORE 1MΩなど。パワーアンプがなにか入荷するといいのですが・・・

STUDER A725【refurbished】&cello AUDIO SUITE&cello AUDIO PALETTE

STUDER A725【refurbished】&cello AUDIO SUITE&cello AUDIO PALETTE

甲府ANNEXルームは遠く東京からご来店頂く方が多いので、

なるべくレアなアイテムを揃えていきたいと思います。皆さまご協力ください^^

cello AUDIO SUITE preamp P301module

cello AUDIO SUITE preamp P301module

現在展示中のcello AUDIO PALETTEやcello AUDIO SUITEは店頭在庫で、

なるべく多くの方にお聴き頂けるよう販売時期は未定となります。

甲府ANENEX cello システム

下記はcelloストリングスですが、OEM元のケーブルです。

celloから販売されたSTRINGS1ではありませんがケーブル断面が全く同じケーブルです。

フィッシャー⇒フィッシャーやXLR⇒フィッシャーなど何パターンか造りました。

スピーカーケーブルのcello STRINGS3も入荷中。

cello フィッシャーケーブル(OEM元)

cello strongs1 フィッシャーケーブル(OEM元)

cello set refarence

 

下の写真は2018年の10月頃のラインナップはMark Levinson氏本人が使用していた、

cello AUDIO SUITEやcello AUDIO PALETTE&cello AUDIO SUITEなどを展示。

この時はcello AUDIO PERFORMANCEもあり、

スピーカーと上流機以外はオールチェロシステムでデモが可能でした。

celloのAMATIなどが入荷すると面白いなぁ、と思います。

2018年のラインナップ

2018年のラインナップ

この時代のMark Levinsonが手掛けたプロダクトは万能的に

音質が良い訳ではありません。

cello Reference Seriesより高S/N比や解像度、情報量が多い機器は多数あると思われます。

・・・情報量や分解能、解像度は言葉に置き換えやすく、

テキストになりやすくワールドワイドウェブにノセやすくしかも説得力もありそう。

cello Reference Seriesで音楽を鳴らすと一瞬で演奏会場のエア感や演奏者の

リアリズムなどのバランスが絶妙。ソースのマスタリング技術や使用している機材なども

なんとなく予想がつくことがあります。

celloのリファレンスシリーズは音楽や録音の本質を可視化するような感覚だろうか。

 

Mark Levinson氏が元演奏者であったり、

cello社のスタートが音質のいいスタジオ建造のコンサルティングや

機器のアテンドをしていたからだろうと思ったりします。

最近入荷した2台のMark Levinson LNP-2Lを聴くに及び、

celloリファレンスシリーズと近似する世界観があるなぁと感じます。

 

しばらく、甲府ANNEXに展示するアンプ関連機器はcello Reference Seriesの予定です。

cello リファレンスシリーズなど

cello リファレンスシリーズなど


Audio Dripper 甲府ANNEX店|甲府オーデォオショップ

〒400-0031 甲府市丸の内3-9-2-2階


 

シェアする