Marantz model #7のご納品前リフレッシュ整備

Marantz model #7のリフレッシュ整備

マランツ モデル7のご納品前メンテナンス。

美しい外観のMarantz #7です。

美しい外観のMarantz #7 1万1千番台 ¥748,000

Marantz #7  納品前のリフレッシュ整備

Marantz #7の1万1千番台の個体で、納品前の整備・測定サービスが付いて748,000円、割とお買い得感があったと思います^^ 神戸ガス燈様やヴィンテージ品に長けたショップが整備されてきたのでしっかりしたマランツ7と言えるでしょうか。

若干、ガリがあったのでメインボリュームの分解整備を行います。

Marantz7|メインボリュームの分解

Marantz7|メインボリューム「クラロスタット」の分解整備

Marantz7に使用されているボリュームのクラロスタットの分解整備は現在のボリュームと比較するとわりと簡単で、正しく整備し、測定すると完全な測定値となります。

Marantz7のボリューム分解

Marantz 7|メインボリューム「クラロスタット」の分解整備

再度組み上げ、左右CHを測定します。完全にバランスがあった測定数値。測定には世界で一番信頼できるFLUKE製を使用します。ちなみにOLD Mark Levinsonのスペクトロールも分解整備が可能です。

Marantz7のメインボリュームの調整|FUKEで完全調整

Marantz7のクラロスタット・メインボリュームの調整|FLUKEで完全調整

ピカピカの新古品だからと言って抵抗値が揃っているわけではありません。計測方法や測定器も重要ですね。

各部の接点クリーニング

各部の接点クリーニング

ハイエンドトランジスタプリアンプと比較するとシンプルですが、入手できない部品や入手しても使用できないパーツ(NGパーツ)があり難しい部分もあるのがマランツ7ですね。

MARANTZ_7_接点クリーニングを針を用いて作業中の写真です。

Marantz 7真空管のメンテ|TELEFUNKENのダイヤマーク管

Marantz 7真空管の脚の磨込みメンテ|TELEFUNKENのダイヤマーク管

下記はMarantz7の実測S/N比です。-80dB以上と脅威的に優秀な成績です。左右チャネルに誤差はありません。

Marantz7のS/N比-80dB以上と脅威的に優秀な成績です。

Marantz7のS/N比-80dB以上と脅威的に優秀な成績です。

Marantz7のS/N比-80dB以上と脅威的に優秀な成績です。

Marantz7の実測歪率も0.007%台と優秀な成績です。

プリアンプの”実質的”な実力は最高な1台となりました。以前からの整備がとても良かったのでリフレッシュ整備もし易い個体でした。測定値は実機接続の動作状態(左右同時計測)ですのでほぼ新品時の性能を維持しています。

こうしたヴィンテージ機器で使用する計測機や計測機器の状態、計測方法はいろいろありますので興味深いところです^^  マランツ7を担当した技術者はこうしたオーディオ機器の計測機器を分解整備することが趣味です。かつてはオーディオメーカーの技術部長で計測機の代理店技術者からも依頼を受けるスゴ腕です。

Marantz #7 PRE AMPLIFIERmint

このMarantz7は独自の音色なども活きた個体でした。トーンコントロールを切り替えする時に1点ガリが出ますが、メインボリュームや各ファンクション部などのガリノイズは分解整備でほぼ甦りました。

Marantz #7 PRE AMPLIFIER

Marantz #7 PRE AMPLIFIER TELEFUNKENダイヤtube

シェアする