ボリューム基板がNGになった、Mark Levinson No.32Lの オーバーホール整備。

ボリューム基板がNGになった、

Mark Levinson No.32Lの

オーバーホール整備。

右下部微傷:Mark Levinson No.32Lプリアンプ【中古マークレビンソン】

Mark Levinson No.32Lプリアンプ

・・・ここ1年ほんとうに多くなってきた、

マークレビンソン No.32Lプリアンプのオーバーホール整備依頼。

毎月1~2台行っていると思います。

数年前がウレタンブッシュや可変抵抗器、数個のコンデンサの交換でしたが、

徐々に液漏れしている個体が多くなり、さらに基板の腐食が進んでいるもの。

一部機能が使用不可になってしまう個体。

最近では数十個交換しないと駄目な個体など。

今回の個体はボリューム基板のICや基板の腐食など

過去一番重症だったと思います。。

 Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備

Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備

マークレビンソンNo.32Lプリアンプのボリューム基板。

 

音量差に悩まれていたお客様の32Lのオーバーホール整備依頼でしたが、

左右のボリューム基板を交換する事で修理できる予定でしたが…..

国内代理店様にはない。本国メーカーにもない。。

通常ならここでThe ENDのはず。

なぜならボリューム基板に付いたICは9mm×6㎜ほどで足が16本ある小さなIC。

(ICの世界では大きいのですが・・・)

人の感覚では小さい!!

その数、左右チャンネル分で32個。

・・・通常整備では基板交換になりますが、

基板はもう販売してないため The ENDになります。

 Mark Levinson No.32L|プリアンプのオーバーホール整備|IC交換

Mark Levinson No.32L|プリアンプのオーバーホール整備|IC交換

今回は試す意味でも上記のICをすべて交換。

左右チャンネル分の交換はお客様の希望もあり、理想的な整備となります。

が、、コストがかかります。基板交換の費用と

変わらないぐらい時間コストがかかります・・・

 

下記は片CH分のボリューム基板で白枠と消耗した電解コンデンサを交換していきます。

11.オーディオユニットのアッテネッター基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

オーディオユニットのボリューム基板を外し劣化部品を交換。

ちなみに下の写真にボリューム基板が入っています。

とても小さいのがわかりますね^^;; 完全バランス構成です。

オーディオユニットの天板・リアパネルを取り外す|ボリューム基板

オーディオユニットの天板・リアパネルを取り外す|ボリューム基板

さらに左右の入力基板の劣化部品を交換していきます。

基板状態なども点検。

オーディオユニットの入力基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

オーディオユニットの入力基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

増幅・出力基板(片CH分)の消耗部品の交換。左右2枚を同等に整備。

個体によってはこの基板で液漏から腐食へいたり壊れる場合もあります。

オーディオユニットの増幅・出力基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

オーディオユニットの増幅・出力基板の劣化部品(赤印)を交換。

32Lのコントロールユニットの内部。主要な電源パーツなどが入っています。

コントロールユニットの天板を取り外す。

コントロールユニットの天板を取り外す。

入力セレクタースイッチがぐらつき修理。

入力セレクタースイッチのグラつき修理。

入力セレクタースイッチおよびボリュームのノブが抜け易いのは、URETHAN

入力セレクタースイッチおよびボリュームのノブが抜け易いのはウレタンスプリングの経たり。

URETHAN SPRINGを交換し、BALLがノブに適正な圧力を掛ける。

ウレタンスプリングを交換しBALLがノブに適正な圧力を掛ける。

ボリューム&セレクターのウレタンスプリングは

すでに初期モデルだと経年劣化する時期を超えてますね。。。

コントロールユニットのメイン基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

コントロールユニットのメイン基板を取り外し劣化部品(赤印)を交換。

大き目のコンデンサはまだまだ大丈夫です。

・・・小容量の電解コンデンサの劣化が著しい状態。

コントロールユニットの両サイド基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換する。

コントロールユニットの両サイド基板を取り外し、劣化部品(赤印)を交換

マークレビンソンNo.32Lの基板腐食・・・

片CH側の基板はコンデンサの液漏れが進み、筐体内温度から腐食がすすみ

基板の補修が必要な状況・・・

コントロールユニットの両サイド基板の1部がコンデンサー液漏れにより腐食しており、補修

コントロールユニットの両サイド基板でコンデンサ液漏れにより腐食(白丸部)

電源部基板で近くにトランジスタもありこの部分の腐食が進み基板がNGになると

けっこう厄介です。。おそらくこの個体だけじゃないはずです。

気が付かないと壊れてしまい、基板は入手不可なので壊れます。

人間ドックではないですが、、、点検は必要なんでしょうね。

ある程度経年してくるといい部品は

正確に劣化してくると言っても過言ではありません。

今後、中古マークレビンソンNo.32Lの維持や入手は

確かな目が必要でしょうね。

 

今回のマークレビソンNo.32Lの消耗・劣化交換パーツは104個になりました。

 Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備|100個以上のパーツ交換

Mark Levinson No.32L|オーバーホール整備|100個以上のパーツ交換

 Mark Levinson No.32L|プリアンプのオーバーホール整備|IC交換

Mark Levinson No.32L|プリアンプのオーバーホール整備|IC交換

同梱頂いた音量差があるCDのサウンドは大丈夫になったと思います!

これからしばらく楽しめるレビンソン32Lになりました。

 


Mark Levinson No.32L|マークレビンソン・プリアンプの
買取も行っていますのでお問い合わせください♪

傷が多い汚いモノは買取しませんが、丁寧に扱われたものは
わかりますので買取価格へ反映します。

OLDレビンソンなどもかなり高い価格をお付けします♪

 

お電話でお問合わせ 03-5809-3401(13:00~19:30)
ご試聴の定休日:日曜・月曜・火曜 

メールでお問合わせ  info@audiodripper.jp


Audio Dripper (株)アイコステック 会社概要⇒