STUDER A730 S.N.3000 Overhaul|S.N.3千番台前半のオーバーホール

STUDER A730 S.N.3千番台前半の

オーバーホール整備。

この時期のA730は発熱の影響による劣化がかなりあります。

STUDER A730 Overhaul seibi stand

STUDER A730シリアル番号3千番台 オーバーホール前の状態

このA730はトータル100個以上の部品交換および、基板整備やPHILIPS CDM3ドライブメカの分解整備などフルコースでした。発熱による部品劣化がかなりあり、CDM3の読み込みは問題ないのですが、読み込めない状態。さらにこの個体ではPHILIPS CDM3のドライブメカのマウントが水平になっていませんでした。

STUDER A730 |PHILIPS CDM3のドライブメカスピンドルの高さに問題

STUDER A730 |PHILIPS CDM3のドライブメカの水平マウントに問題

本体からPHILIPS CDM3を取り外してみるとスイングアームの取り付けに問題がありました。ダイキャストにマウントされていますが、経過年代によりしょうがありません。これまで分解整備はあまり行われていなと思いますので多くの個体がこうしたガタが来ています。

競技車両などでは必ず分解整備します。動くメカですからいずれが摩耗や緩み、微細なゴミなどが入ります。

STUDER A730|PHILIPS CDM3のスイングアームの精度

STUDER A730|PHILIPS CDM3のスイングアームの精度

CDM1やCDM0なども同様なので必ず分解最整備を行います。

PHILIPS CDM3の分解整備

PHILIPS CDM3の分解整備

STUDER A730ドライブメカの制御基板の整備

STUDER A730ドライブメカの制御基板の整備

過去に整備がされているますが一部のコンデンサーのみ交換されています。肝心の部分は30年前前の純正のままなので容量不足になっていました。液漏れなどしてなくて良かったですね。

STUDER A730のメイン基板

STUDER A730のメイン基板

STUDER A730の基板は3層基板なので液漏れして腐食していくと修理不可能になるケースがあります。電池部分も同様でよく液漏れしている部分です。

STUDER A730メイン基板|整備作業前

STUDER A730メイン基板|整備作業前

国産パーツに変わっている部分を純正部品に交換し、極性を合わせます。Vishay/Roederstein製も使用します。

STUDER A730メイン基板|整備作業後

STUDER A730メイン基板|整備作業後

DACはPHILIPS TDA1541Aシングルクラウンです。オランダPHILIPS社製です。ごくたまに台湾製などに変更されたりしてます・・・

STUDER A730|電源部の整備

STUDER A730|電源部の整備

劣化部品はSTUDER純正パーツやドイツ製パーツに変更します。ICが駄目になっていればICも変更します。出力基板も国産パーツに変更されていましたのでSTUDER純正部品などへ交換。

STUDER A730|STUDER A純正部品を使用し整備後の出力基板

STUDER A730|STUDER 純正部品を使用し整備後の出力基板

出力基板には増幅アンプと左右CH独立のトランスが備わっています。

STUDER_A730_1KHz_基準信号の歪率_0_01%台と優秀な成績です。

STUDER A730|整備後の計測 1KHz基準信号の左右チャンネル歪率0.01%台と優秀な成績です。

上記はAUDIO Analyzerによる整備後の 1KHz基準信号計測時。左右チャンネルの歪率0.01%台と優秀な成績です。

整備後の計測 1KHz基準信号の左右チャンネル歪率0.01%台と優秀な成績です。

整備後の計測 1KHz基準信号の左右チャンネル波形です。

STUDER A730 3000番台整備後の動作テスト

STUDER A730は製造を終了するまでいくつものバージョンがあります。特に発熱対策やPCBボードとドライブメカなどそのマイナーチェンジがいくつもありました。この個体は3千番台の前半のモデルで若干発熱があります。

STUDER A730の動作テスト

STUDER A730の動作テスト

なるべく発熱から機器やドライブメカを守るフラットスタンドも有効です。

STUDER A730|お客様のユーニング

STUDER A730|CDカバーはお客様のユーニング

STUDER A730|完全なフラット状態

STUDER A730|完全なフラット状態

スイングアームメカが完全なフラット状態(スタンドで・・・)で動作する状況になりました。より正確なトレース可能になります。

STUDER A730|デジタルアウトも問題なし

STUDER A730|デジタルアウトも問題なし

STUDER A730|とても安定動作する個体に生まれ変わりました!

STUDER A730|とても安定動作する個体に生まれ変わりました!

STUDER A730|リアBNC端子なども交換

STUDER A730|リアBNC端子なども交換

交換部品は100個以上となりました。

STUDER A730|交換済み部品100個以上

STUDER A730|交換済み部品100個以上

可能なら水平置きにしてこれからの季節はボディ下から冷却ファンを充て、金属シャーシ全体を冷やし、A730ボディ上部隙間から熱を逃がすようにすると良いです。ちなみにウッドパネルは最悪です・・・プロ用途で装着されている方は皆無です。

現在多数のCDプレーヤーやプリアンプ、パワーアンプのオーバーホール整備を行っていますので若干お時間がかかるかもしれません。

シェアする