cello AUDIO SUITE P301ダブル版のご納品前オーバーホール整備

cello AUDIO SUITE P301ダブル版の

ご納品前オーバーホール整備

2つのプリアンプをオーバーホールするようなP301アウトプットモジュール2個搭載版

cello AUDIO SUITEコントロールアンプ

cello AUDIO SUITE|チェロスイートコントロールアンプP301ダブル

cello AUDIO SUITE P301×2のメリットとデメリット。

cello AUDIO SUITE|チェロスイートのP301モジュールを2個搭載した

この個体はながらくAudio Dripperのデモ用プリアンプでした。

一般的な評価は知りませんが販売価格250万円(オーバーホール整備込)の

価値は十分にあるプリアンプです。

サウンドのクオリティや概要からこのUSEDプライスは実はとてもお安い価格でした^^

通常スイートにはP301が1つだけ搭載されるボリューム(ゲイン調整)モジュールです。

このモジュールだけで1つ70万円以上しました(左右独立の4層基板)。

 

ちなみにB301モジュールもありこちらは廉価版で内容/価格ともまったくちがいます。

P301はバランス回路だからモノラル仕様の意味はないと、思うかもしれませんが

実際にP301を2個搭載し、ダブル使いとシングルバージョンとのサウンドの

ちがいは何方でも聴きわけされました。

cello AUDIO SUITE

cello AUDIO SUITE

デメリットはP301が入手できない事、

おそらくUSED販売では世界でも稀有な個体のはずです。

さらにこの2つの特性をしっかり合わせないとダメな事。

とりあえず装着してもNGです^^

cello AUDIO SUITE P301×2のオーバーホール整備概要。

今回整備したP301ですが、過去の整備で国産パーツへ変更されていたコンデンサが

数十個以上ありました。片側は消耗した純正コンデンサ。

特性はとうぜんちがいます。

 

下の写真の100μFのコンデンサは50個を超えます・・・

これがすべて日本製へ変更されていました。

しかも、、、、

cello AUDIO SUITE P301ダブル版の交換部品

cello AUDIO SUITE P301ダブル版の交換部品 70個以上

過去に交換されたコンデンサでも若干の液漏れやコンデンサ本体の

膨らみなどが30個ほどありました(発熱状況も影響します)。

オリジナルコンデンサだと抜けきったものも多数あるはずですが、

こうした状況は珍しいわけではありません。

製造から25年以上経た多くのハイエンドプリアンプは似たような状態です。

このcello AUDIO SUITEは販売時にオーバーホール整備が販売価格に入っていますので、

お客様はほぼ万全の状態のP301×2搭載のチェロスイートが楽しめます。

cello AUDIO SUITE P301ダブル版の交換部品|劣化し液漏れしたコンデンサ

cello AUDIO SUITE P301ダブル版の交換部品|劣化し液漏れしたコンデンサ

上の写真のような状態のコンデンサは珍しくありません。

下のCDモジュールも国産パーツへ多数交換されていました。

cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備前の状態

cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備前の状態

cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備後

cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備後

上の写真から左右CH独立した基板がプラスマイナスで組まれていることがわかります。

cello AUDIO SUITE|電源部修理前

cello AUDIO SUITE|電源部修理前

cello Master Power Supplyのコンデンサもブロックコンデンサは未交換で

他は国産パーツへ・・・過去の修理履歴ですね。。

ぜめて、SPRAGUEのブロックコンデンサも交換して欲しいです。

ここは危ないのですべて新品へ交換します。

cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備前の状態 cello AUDIO SUITE|CDモジュール整備後

cello AUDIO SUITE|各モジュール

cello AUDIO SUITのモジュール

cello AUDIO SUITEのモジュール

P301のボリュームも分解整備しました。

P301モジュールは4層基板なので2機で8層もの基板が格納されます。

P301アウトプットモジュールのボリューム分解整備

P301アウトプットモジュールのボリューム分解整備

8個のリレーを交換

8個のリレーを交換

左右CHのスペック点検中|左右の波形も綺麗です

左右CHのスペック点検中|左右の波形も綺麗です

このcello AUDIO SUITE P301ダブル版は左右バランス、音圧、本体電源部、

マスターパワーサプライ部すべてのパートを整備した個体となります。

サウンドでは特に音像の表れ方が立体的にシャープになりました!

でもP301特有のサウンドの厚みはそのままです。

リファレンスシリーズならではのサウンドと感じるはずです。

現代プリアンプでは稀有なニューヨーク著名スタジオのサウンドが

リアルに彷彿されるでしょう!

だたある程度の部品を交換しましたので2か月程のエージングが必要かもしれません。

 

cello AUDIO SUITE|チェロ・リファレンスシリーズ・スイート

cello AUDIO SUITE|チェロ・リファレンスシリーズ・スイート

cello AUDIO SUITEやcello AUDIO PALETTEは製造から30年~35年ほどになります。

回路はA級で内部に熱を持ちますので、未整備のスイートをお持ちの方は

コンデンサの液漏れなどで基板を壊さないように気を付けてください。

cello AUDIO SUITE|左右バランス

cello AUDIO SUITE|モノラル時のバランス設定

cello AUDIO PALETTE MIVとcello AUDIO SUITE

cello AUDIO PALETTE MIVとcello AUDIO SUITE

シェアする