Mark Levinson No.30.5L seibi

Mark Levinson No.30.5L 納品前 見込整備

No.30.5LはかつてのマークレビンソンのフラグシップDAコンバーターで電源部とDAC部&アナログ部の2筺体からなる、コストがかかった大型DAコンバーター。

Mark Levinson No.30.5L DAコンバーター

Mark Levinson No.30.5Lの状態

外観は年代也の状態。気になる傷はないと思います。肝心なのは中身ですが電源部、DAC部、アナログ部の各々で替えた方がいい部品がありました。また今回の個体の見込み整備箇所はオーディオ部基板の再ハンダです。

下記は片チャンネル分のアナログ回路部です。一般的なデジタル機の最終段としては驚異的な内容かもしれません。

Mark Levinson No.30.5Lのアナログボード(片CH)

電源部は電圧制御部のコンデンサーを交換。左右アナログ部とDAC部の電源回路、トランスがセパレートされています。

左右電源部のコンデンサー交換部

下記はハンダをやり直した部分。重要な事ですがDACモジュールは問題がない状態です。

今回の整備コストは約23万円となりました。330μFのコンデンサーを10個以上、63μFのコンデンサーも10個以上交換。元々の定価がある程度してますのでしょうがないです!今回ご購入された方は超お得なMark Levinson No.30.5Lとなりました。元箱(2箱)、取扱説明書なども付属です。

ご納品後はある程度のエージングが必要ですが、かなりフレッシュになったNo.30.5Lです。

Mark Levinson No.30.5L DAコンバーター

現在、No.31.5LとNo.30.6Lも整備予定です。

 

シェアする