STUDER A725 CD Player オーバーホール整備&電源部強化

STUDER A725 CD Player

オーバーホール整備&電源部強化

PHILIPS LHH2000のSTUDER版!

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備

1980年代に登場したSTUDER A725 CD Player、スチューダー社のトップバッター。

スチューダー社(CDS)の一番最初の業務用CDプレーヤーがSTUDER A725 です。

現在ですと一般的なUSEDプライスは動作品で15~20万円弱ほどか、、

A727も同様ですね。過去にAudio Dripperへ入荷したA725、A727で

簡易に整備し販売した個体は一台もございません。

それだけ、新品時のサウンドと30年経たサウンドは大きく、とても大きく劣化しています。

その理由は出力部のオペアンプをはじめ、電源部のコンデンサー、

各基板のコンデンサの劣化です。

中古スチューダー STUDER A725 CD Player|ドライブメカ分解整備、DAC部IC交換、電源部レギュレータやブロックコンデンサ交換、アナログ部劣化コンデンサ交換、

STUDER A725 CD Player|ドライブメカ分解整備、DAC部IC交換、電源部レギュレータやブロックコンデンサ交換、アナログ部劣化コンデンサ交換、

さらに昨今ではICの劣化やトランジスタの劣化なども顕著です。

よくお客様からヤフオクのA730はどうですか?A727はどうですか?

と問い合わせがありますが、部品取りでもよければ落札されるレベルでしょうか。

また当社にも整備済み個体がよく入荷しますが、

実際中を開けると容量の小さい20個ぐらいのコンデンサが

日本製へ変更修理されているパターンがよくあります。

STUDER A725 のオーバーホール整備

STUDER A725 CD Player|開閉ギアの整備

STUDER A725 CD Player|開閉ギアの整備

A725はデッキタイプでドライブメカごと出てきます。ギアによる駆動となります。

埃などを駆除するだけでもスムーズになります。

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

上記はPHILIPS CDM1の制御基板ですが、整備がしやすい造りとなっています。

ちなみにPHILIPSのスイングアーム式のドライブメカは下記のようなものがあり、

A725に搭載されたメカCDM1は写真右下のリブが付いたものです。

A730はCDM3で最近のものはCDM9や12などになります。

製造コストはCDM1やM0、CDM1 MK2などがかかっています。

今回のA725には独Rodenstock(ローデンシュトック社)の

3枚ガラスレンズが奢られています。

現在のデジタルプレーヤーSONY製でもプラスティック製の小さな筐体に

プラスティック製のレンズが付いています。

ちがいは湿度温度劣化、経年劣化の耐性にあるようです。

PHILIPS CD ドライブ。上段真ん中がCDM1MK2

PHILIPS CD ドライブ。上段真ん中がCDM1MK2

下記はスイングアーム部への注油。

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Playerの基板は電源部、制御、デジタル部、アナログ部、

出力部にわかれています。真ん中にはドライブメカとトランスが搭載されています。

コンストラクションはとても理詰めなものかと思います。

STUDER A725 CD Player|PHILIPS CDM1制御基板の整備

STUDER A725 CD Player|基板の整備

下の写真は操作パネルを分解し各部の劣化部を整備しました。

STUDER A725 CD Player|操作パネルの分解整備

STUDER A725 CD Player|操作パネルの分解整備

シャーシの錆を落とし再塗装(外側)します。

STUDER A725 CD Player|シャーシの清掃&再塗装

STUDER A725 CD Player|シャーシの清掃&再塗装

XLR端子を新品へ交換します。

STUDER A725 CD Player|XLR端子の新規交換

STUDER A725 CD Player|XLR端子の新規交換

STUDER A725 CD Player|1KHz正弦波の波形

STUDER A725 CD Player|1KHz正弦波の波形

STUDER A725 CD Player|1KHz_歪率、0_02%台とまずまずの成績です。

STUDER A725 CD Player|1KHz歪率 0.02%台の成績です。

左右音圧やS/N比、歪率なども充分よい結果かと思います。

中古スチューダー STUDER A725 CD Player|ドライブメカ分解整備、DAC部IC交換、電源部レギュレータやブロックコンデンサ交換、アナログ部劣化コンデンサ交換、

STUDER A725 CD Player|ドライブメカ分解整備、DAC部IC交換、電源部レギュレータやブロックコンデンサ交換、アナログ部劣化コンデンサ交換、

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備|美しい外観です

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備|美しい外観です

今回のA725は電源部のレギュレータ&整流ダイオードなども信頼性が

高いパーツへUPグレード変更しています。

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備版

STUDER A725 CD Player|スチューダーA725オーバーホール整備版

現在はとても快調に鳴っています!元々の素材にコストがかかっているので、

世界を席巻した業務用プレーヤーらしいサウンドで年代を感じさせない

サウンドに甦っているとかと思います。

スタジオエンジニアの方にも好評のA725 CDプレーヤーです!


■STUDER A725 CD Player(中古)の販売ページ⇒

シェアする