WADIA 21 CDプレーヤーのオーバーホール整備。

WADIA 21 CDプレーヤーのオーバーホール整備

コンディションの良い一体型ワディアCDプレーヤーの整備

WADAI 21 CDプレーヤーオーバーホール

WADAI 21 CDプレーヤーオーバーホール

 WADIA21の整備ドライブメカ

WADIA21のドライブメカはTEAC製でレーザーダイオードはSONY製です。

今回の個体は以前に交換したか不明ですが十分な出力があり本体自体には問題ありません。

たまに音飛びする症状があるとの事。

WADIA_21_ピックUP部を取り出しメンテ

WADIA 21 ドライブメカの分解整備

下記はドライブメカ制御基板でコンデンサの劣化があるため、すべて交換します。

アイパターンも綺麗な状態になりました。

WADIA_21_サーボPCB_作業前の配線

WADIA21のドライブメカ制御基板

コンデンサの上に貼ってある銅箔シートを移植します。

WADIA_21_サーボPCB_メンテ

WADIA21のドライブメカ制御基板

下記はDAC部、アナログ部の基板。演算処理能力36MIPS/演算分解能216dBの

AT&T社製DSPチップが2枚搭載されています。

アナログ部はメタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサーが

多数使用され劣化を抑制しています。

WADIA_21_調整中の写真です。

WADIA21 交換済のメイン基板(DAC,アナログ部)

WADIA21の内部はとてもシンプル!音にも影響しているはずです。

表示部接点などはクリーニング。

WADIA_21_表示部_メンテ

WADIA21の液晶表示部

WADIA_21_組み立て中の

WADIA21くみ上げ

トランスの付近には電子基板が一切なくシールドする徹底ぶりです。

下記はWADIA21の1KHz左右CH同時再生時の歪率です。

WADIA_21_1KHz_再生時の歪率

WADIA21の1KHz左右CH同時再生時の歪率

1KHzの正弦波の波形も綺麗な状態で左右CHともそろっています。

WADIA_21_1KHz_正弦波の波形

WADIA21の1KHz 正弦波の波形

コンデンサーなど45個以上変更しましたので1か月ほどでサウンド変化があるはずです。

通常使用時の動作テスト中のWADIA21は溌溂したアグレッシブなサウンドで、

ミッドの押し出し感などはWadia PRO(DAC)を介したようなイメージ。

音楽が楽しく聴けるCDプレーヤーですね。

WADIA 21 CD Player

シェアする